JBAのウェディング情報

私はブライダルアナリスト

婚礼に関わって35年が過ぎました。それまでは銀行で勤務していました。35年前360度人生の方向転換をしました。理由は夢を実現するためでした。この銀行にこのままいてても頭取というトップにはなれないと思いました。その理由

     ① 人として男としてこの社会で自分の力がどれだけ通じるか試したかった
     ② どのような小さな会社であってもトップとして会社を動かしてみたかった
     ③ アイディアを生かし誰もしていない仕事を始めたかった
     ④ 語学、会話に自信があり、それを武器として生かしたかった

大きく言えば以上の理由で婚礼の世界に入りました。当時は第一次ベビーブームの結婚適齢期時代でした。その当時司会と言う職業はなく、友人か身内の人が簡単な進行をしていました。私もよく依頼されて司会をしていました

将来を見据えたらこの司会をプロとしてやればいいのではという思いが強くなりました。そして日本でも婚礼のプロ司会者は誕生していなかった時代です。思ったのは嫁入りの場合は新郎の友人ですが婿入り場合は新婦の友人とはいかなかったのです。それは今の時代とは違い女性は控えめでした。
そんな時婿入りは誰が司会をと考えたのです

そして結婚は人生の一大イベントなのでプロが必要とされる時代が必ずやってくると判断し、婚礼に関する知識やしきたり、歴史を独学で学習しました。今では婚礼に関しては例えどんなことでも即答できます。司会者としても3000組を超え、体験も豊富です。結婚を通して人生や心の勉強もさせていただきました

指導者としても司会者の育成「500人以上」で、今もいろいろなところで活躍しています。会社経営も順調で結婚ブームに乗り切りました。男性司会から女性司会に切り替えたのも私です。現在の司会は95%女性です。時代の流れを作りました

ウェディングフェスタやブライダルフェアの企画、演出など総合プロデュースも現役続行中です。婚礼に関してはどんな質問や疑問にも答えられます。しかし婚礼は大変深いものです。これからも時代に応じた知識を得るために学習は欠かせないと思っています

       婚礼アナリストを目指しています      ジェービーエー   炭谷   剛
  
        

スポンサーサイト

PageTop